サイディングを使った外壁の上から直接タイルを張ることができる、当社独自のファイナルラッピング工法での外壁のリフォーム。外壁をタイルにするとリフォームの必要がなくなり大変経済的です。

お電話、メールでのご相談、お待ちしています。
お見積もりは、無料で行いますからお気軽にお問い合わせください


タイルとは、粘土や陶石、長石などを粉砕し、これを成型して高温で焼き固め、板状につくられた陶磁器質の建材で、古くから建築物の内外装 及び 装飾材として使われてきました。

タイルは耐候性、耐火性、防水性などに優れ、外壁や床、また、水まわりを中心とした内装用の建材として人気があります。
タイルには素地の質や吸水率の違いにより、陶器質タイルせっ器質タイル磁器質タイルの3種類に分類されます。磁器質タイルは最も緻密なので、ほとんど吸水はしません。また、陶器質タイルは、素地が多孔質(小さな穴が無数あいている)なので、タイルの中では最も吸水率が高く内装用に適しています。磁器質タイルと陶器質タイルの中間に位置するのがせっ器質タイルです。
タイルメーカーでは、タイルの適した用途に応じ、屋内の水廻りや壁、床用、屋外の壁、床用などに分けられ、カタログなどに掲載されています。

タイルの大きさは、モザイクタイルのように細かなものから、最近では、900mm角の大型タイルが作られるようになりました。タイルを使用する部位や求めるデザインにより、上手に使い分ける必要があります。

一般的な住宅の場合で、壁に用いられるタイルの大きさは、50mm×100mm(50二丁)、50mm×150mm(50三丁)、50mm×200mm(50四丁)、小口タイル(108mm×60mm)、二丁掛タイル(227mm×60mm)などが一般的なサイズです。

あまりサイズが大き過ぎるとタイルの剥離が生じてきます。
また、床もサイズは豊富ですが、100mm角、150mm角、200mm角、300mm角タイルが一般的に使われています。
ただ、最近の傾向、流行は、300mm角のタイルを使用することが多くなっております。

【タイル貼りの特徴】

  • 耐水・耐火・耐候・耐久性に優れています。
  • 他の建材と比べるとメンテナンスがあまりかからない。
  • 抗菌・防汚加工がなされているタイルは汚れがつきにくい。
  • デザイン、カラー、テクスチャーが豊富で、個性的な空間を演出することができる。
  • 表面硬さが大きいため、歩行による疲れを受けやすい。
  • 熱伝導率が高く、冷たさを感じる。
  • 現場加工が難しい。

TOP タイルとサイディング 施工例 問合せ ガウディーの部屋




〒080-0014 帯広市西4条南23丁目16番地2
TEL 0155-27-1820 FAX 0155-27-1384
mail cosmic-obihiro@mb9.seikyou.ne.jp